ナカノヒトゲノム実況中アニメ1話のネタバレ感想【2019年7月7日】

ナカノヒトゲノム実況中1話ネタバレ

2019年7月7日放送のアニメ「ナカノヒトゲノム実況中」の第1話を視聴しました。

見逃してしまった人のために、アニメ「ナカノヒトゲノム実況中」1話のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介します。

どこよりも分かりやすくストーリーをネタバレしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

記事の最後には、アニメ「ナカノヒトゲノム実況中」の第1話の見逃し配信動画を無料視聴する方法も掲載しています。

実際にアニメを見たいという人は、こちらでアニメ「ナカノヒトゲノム実況中」を楽しんじゃいましょう!

 

 

ナカノヒトゲノム実況中1話のあらすじ

ナカノヒトゲノム実況中

『ナカノヒトゲノム』。ゲーム実況者たちの間で話題の、謎のフリーゲーム。通称、失踪ゲーム。

クリア直前で姿を消すプレイヤーが後を絶たないという。

 

行方不明となったゲーム実況者たちは、外界とは隔離されたとある島に集められていた。

そこで彼らに課されたのは、リアルでクリアしなければならない数々のゲームにおいて、再生数一億を達成すること。

8人のカリスマ実況者たちによる、帰還を賭けたリアルゲーム『ナカノヒトゲノム』の実況が始まる--

 

ナカノヒトゲノム実況中1話のネタバレ

ナカノヒトゲノム実況中1話ネタバレ

 

突如パソコン画面にとあるメッセージが映し出される。

ナカノヒトゲノム実況中1話ネタバレ

 

「これよりお迎えにあがります」

その瞬間、プレイヤーたちは外界とは切り離された島に集められていた。

 

主人公・入出アカツキが目を覚ますと、そこには一人の少女が倒れていた。

二人とも何がなんだか理解できないまま、ふと見上げるとそこには巨大なパンダの姿があった。

入出アカツキの花粉症によるくしゃみで、巨大パンダはこちらに気付き追いかけてくる。

 

しかし、入出アカツキは、巨大パンダに無抵抗にも近づいていく。

どうやら巨大パンダはこちらに危害を加えるつもりはなかったらしい。

入出アカツキの類まれなる観察力により、難を逃れることができた。

 

そのとき、森の中から一人の男が姿を現す。

パカ

ナカノヒトゲノム監視役「パカ」と申します

 

アルパカの被り物をした男は、第一ステージクリアの報告を告げる。

第一ステージ「アニマル合戦」では、迫りくる巨大生物をいかに多く倒し、切り抜けるかがクリアポイントだったという。

 

さらに、パカはプレイヤーの左腕を確認させる。

そこには、謎のカウンターが埋め込まれていた。

タワーのメインサーバーと連動しており、再生数をリアルタイムで知らせてくれるらしい。

 

プレイヤーたちの使命は、たった一つ。

パカ

ナカノヒトゲノムのリアル実況において、再生数1億ビュー達成すること

プレイ期間は無限だ。

 

 

そして、教室に集められた8名のプレイヤーたち。

パカにより、自己紹介を済ませていく。

入出アカツキ

脱出ゲームの実況をしていた高校1年生の男の子。

平和主義者でなにをされても腹をたてることはなく、いつも穏やかな表情をしていて丁寧な口調で話す。

多くの花粉アレルギーを持っていて、マスクが手放せない。

伊奈葉ヒミコ

内気だが、料理好きで面倒見のよい女の子。

植物、動物問わず育てることが大好きで、育成ゲームのささやき実況をしていた。

その声に魅了される者が多いのか、監視役のパカも彼女のファンらしい。

駆堂アンヤ

ヤンキー気質な男子高校生。

格闘ゲーム全般が得意で、考えるよりも先に拳が出てしまうタイプ。

血の気が多いため相手が誰でもすぐに喧嘩を売るが、気を許した相手には素直。

嫌いな食べ物はピーマン。

路々森ユズ

パズルや迷路などやり込み系ゲームが得意なボクっ子。

制服の上に白衣を着ている。

飛び級で修士課程を修了している才女で、趣味で熱帯植物の研究をしているらしい。

アカツキとはチャットを通して以前から知り合いだった。

更屋敷カリン

アカツキと同時に謎の島へ連れてこられた女子高生。

気が強い性格で口調もツンツンとしており、ときには鉄拳を繰り出すことも。

ホラーゲーム実況を主としてやっていたが、実は自身に降りかかるホラーは苦手。

忍霧ザクロ

少し中二病の気がある、高校2年生。

ステルス系ゲームの実況者で、折りたたみナイフや仕込針などの暗器を所持している。

また、周りをよく観察していて、気配を消すのも上手い。

男子校に通っており、女性に耐性がない。

鬼ヶ崎カイコク

戦国統治系など和風なゲームを得意とする大学生。

いつも着物姿で下駄と鬼の面を身に付け、飄々として単独行動が多い。

運動能力が高く、戦いになったときは番傘や刀を扱う。

逢河マキノ

恋愛シミュレーションを単語実況をしていた男子高校生。

無口でどんな場所でも眠っていることが多い。

しかし一度目を開ければ5秒間目を合わせるだけで、男女問わず自分に惚れさせてしまうという特殊な能力(?)を持っている。

 

自己紹介が一通り終わると、パカは第二ステージの選出を始める。

第二ステージは「取り替えこっくりさん」。

実況者数は4名。

 

万が一、リタイアした場合は、失格とみなされる。

ゲノムタワー最下層の「白の部屋」へ強制収容。

他プレイヤーが1億ビューを達成するまで、閉じ込められるという。

 

最終的に第二ステージの参加実況者は以下の4名に決まった。

  • 入出アカツキ
  • 駆堂アンヤ
  • 更屋敷カリン
  • 忍霧ザクロ

 

第二ステージ「取り替えこっくりさん」のルール

こっくりさんの3つの願いを叶え、アイテム「01染色体」を手に入れよ

 

4名の実況者は、こっくりさんを始めた。

こっくりさんの3つの願いは

  • みず
  • ともだち
  • あかつき

 

「水」と「友達」という2つの願いを叶えることに成功した4名。

3つ目の願いを聞いた瞬間、入出アカツキは見えない何かに引っ張られ、窓から引きずり落とされる。

入出アカツキ

後ろ、何かいます…

アカツキは窓から突き落とされる直前に、こう告げる。

 

窓から落ちたアカツキは、なんとか巨大パンダに助けられ難を逃れた。

 

そして、教室の後ろにいた人影はアカツキに感謝を告げる。

「水をくれたこと」「友達になってくれたこと」。

そして、その人影はこう告げる。

一緒に死んでくれるんだよね?

 

入出アカツキ

友達にはなれますよ。でも、まだ一緒には逝けないですけど。約束、俺破ったことないんです。全部終わったら…必ず。

その人影は涙を流し、消えていった。

 

こうして、目的のアイテム「01染色体」を入手することに成功した一同だった。

 

 

ナカノヒトゲノム実況中1話の感想

ナカノヒトゲノム実況中1話感想

2019年7月7日放送のアニメ「ナカノヒトゲノム【実況中】」1話。

いわゆるデスゲーム系アニメで、8名のプレイヤーが生還を賭けてゲームに挑んでいくというストーリーです。

サバイバルゲームというよりも、8名のプレイヤーが協力してデスゲームを攻略していくような感じですね。

 

登場する8名のゲーム実況者が、それぞれ得意ジャンルが違うなど、非常に個性豊かな部分があるのが良かった。

ただ1話でのゲームでは、参加人数が全員ではなく4名だったこと。

ゲーム内容も曖昧なままで進行していたため、導入としては少し弱いかなという印象を受けてしまいました。

 

とはいえ、原作は人気ですので、今後の展開に注目したいところですね。

デスゲーム系のアニメや漫画作品が好きな人は、ナカノヒトゲノム実況中は好きな作品になるかと思いますよ。

 

▼アニメ「ナカノヒトゲノム実況中」は、dアニメストアで全話見放題で視聴可能です!

ナカノヒトゲノム実況中配信

今なら初回31日間無料キャンペーンを実施中なので、お気軽にお試しください。

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

>>dアニメストアの初回31日間無料キャンペーンはこちら!