天国大魔境11話のネタバレ考察!散りばめられた伏線&謎まとめ

月刊アフタヌーンで連載中の漫画「天国大魔境」11話のネタバレと考察についてです。

 

天国大魔境は非常に伏線の多い漫画となっています。

これまでのストーリーでどういった伏線があったのか思い返すのに活用してください。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境11話のネタバレ

天国大魔境11話のストーリーの流れを簡単にネタバレしています。

  • 学校の生徒たちの行動はすべて監視されている
  • ヒルコとの戦闘
  • 顔のない赤ちゃんの存在

 

学校の生徒たちの行動はすべて監視されている

学校内には無数の監視カメラが設置されており、教師たちは生徒たちの行動をすべて監視している。

生徒たちの異常行動は逐一、報告として教師たちに伝えられる。

 

ヒルコとの戦闘

海の上では、無限に水の補給が可能。

そのため、マルとキルコはヒルコと船の中で戦うという計画を実行する。

 

船の中で、追いかけてくるヒルコから逃げるマルとキルコ。

船内には大量の段ボールが置かれており、ヒルコはぶつかりながらもマルとキルコを追いかける。

 

最終的には、段ボールによって水分を奪われヒルコは行動不能。

身動きのとれなくなったヒルコをマルタッチで死滅させる。

 

顔のない赤ちゃんの存在

6話で「本当の赤ちゃんを見た」と発言したクク。

本当の赤ちゃんを見るために、トキオと共に通気口の中へ潜入する。

 

そこにいたのは、まさしく「顔のない赤ちゃん」。

しかし、侵入者を検知する警報が学校内に鳴り響く。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境11話の伏線とネタバレ考察

天国大魔境の11話の伏線っぽいものや気になる箇所をまとめています。

回収された伏線や謎、明らかになった情報について随時追記していますので、参考までにどうぞ。

 

あくまでも、僕の主観で考察していますので、実際には違うかもしれないということをご了承ください。

 

顔のない赤ちゃんの存在

学校内の生徒たちは、外の世界のクローン人間である可能性が高い。

顔のない赤ちゃんは人工的に作られた生命体で、遺伝子を入れるための器。

関連記事:学校内の生徒は外の世界のクローン人間説

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。