天国大魔境12話のネタバレ考察!散りばめられた伏線&謎まとめ

月刊アフタヌーンで連載中の漫画「天国大魔境」12話のネタバレと考察についてです。

 

天国大魔境は非常に伏線の多い漫画となっています。

これまでのストーリーでどういった伏線があったのか思い返すのに活用してください。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境12話のネタバレ

天国大魔境12話のストーリーの流れを簡単にネタバレしています。

  • 侵入者検知の警報が鳴り響く
  • 「ミーナ」の存在

 

侵入者検知の警報が鳴り響く

ククとともに「顔のない赤ちゃん」を見つけ出したトキオ。

しかし、そのとき侵入者検知の警報が鳴り響く。

 

監視カメラで室内を確認するも、トキオの姿は映っておらずバレることはなかった。

6話ではトキオの姿が監視カメラに映っている描写がある

 

「ミーナ」の存在

学園の園長先生が「ミーナ」と呼ばれる存在に、警報のことを尋ねる。

学園内を統括するマザーコンピューターのような存在?

 

しかし、どのような状況で警報が鳴ったのかは、ミーナにも分からないらしい。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境12話の伏線とネタバレ考察

天国大魔境12話の伏線っぽいものや気になる箇所をまとめています。

回収された伏線や謎、明らかになった情報について随時追記していますので、参考までにどうぞ。

 

あくまでも、僕の主観で考察していますので、実際には違うかもしれないということをご了承ください。

 

なぜトキオは監視カメラに映らなかったのか

保育器室の監視カメラにトキオの姿が映っていない。

 

トキオの能力について

学園内の子供たちには、何かしらの能力がある。

  • ミミヒメ…近い未来を予知する能力
  • コナ…千里眼のような能力

ともすれば、トキオも特別な能力がある可能性が高い。

 

考えられる能力としては「透明になれる力」。

侵入したことがバレるかもしれないという状況で、トキオ自身も気付かないうちに能力を発動させた?

 

実際に9話では、身体を透明にすることができるヒルコも登場している。

ヒルコの中には特殊な能力を持った個体も存在していることから、学園内の生徒とヒルコは近い存在なのかもしれない。

タラオとミクラが発症していた病気は、ヒルコになりうる病気?

 

とすれば、いずれトキオたちも同じ病気にかかる可能性がある。

 

マルの目的は「同じ顔をした人物に薬を打つこと」。

マルの持っている薬は、ヒルコになる病気を治す特効薬?

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。