天国大魔境19話のネタバレ考察!伏線&謎まとめ

天国大魔境19話ネタバレ

月刊アフタヌーンで連載中の漫画「天国大魔境」19話のネタバレと考察についてです。

 

天国大魔境は非常に伏線の多い漫画となっています。

これまでのストーリーでどういった伏線があったのか思い返すのに活用してください。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境19話のネタバレ考察

天国大魔境19話ネタバレ

天国大魔境19話のストーリーの流れを簡単にネタバレしています。

 

  • 不滅教団の地下へヒルコ退治
  • ヒルコとの戦闘

 

不滅教団の地下へヒルコ退治

前金として100、ヒルコの死体が確認できれば残り100。

先に報酬を反不滅教団組織「リビューマン」から受け取ったマルとキルコ。

 

不滅教団の地下へ忍び込む計画は以下の通り。

  1. 不滅教団ビルで人体実験反対デモを行う
  2. 不滅教団組織には「リビューマン」の賛同者が紛れている
  3. デモをしている隙に、その者の協力を得て不滅教団ビルの地下へ侵入

 

不滅教団地下は電気がついており、ヒルコや人がいる気配は一切ない。

→強力な発電機を所持している?

 

ヒルコとの戦闘

地下のところどころには、仮死状態の小さいヒルコが見つかった。

人食いは瀕死に追い込まれると仮死状態になって死んだフリをして生き延びる

 

さらに、地下には巨大な仮死状態のヒルコも発見された。

もともとヒルコ退治は1匹分の取引しかしていない。

仮死状態の小さいヒルコはあとから増えた可能性が高い

 

地下に閉じ込められ、食べ物のないヒルコは仮死状態で生き延びていた。

しかし、マルとキルコという人間2人が地下へ来たことで、ヒルコたちは一斉に襲い掛かる。

 

19話のヒルコの特徴

  • 動きが素早く壁をすり抜けることができる
  • キル光線が効かない

 

いきなり襲い掛かってきたヒルコたちに襲われるマルとキルコ。

複数体に押さえつけられ、必死にキル光線で応戦するがほとんど効いていない。

 

その瞬間、キルコの腕はキル光線もろともヒルコに食いちぎられてしまう。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ