天国大魔境9話のネタバレ考察!散りばめられた伏線&謎まとめ

月刊アフタヌーンで連載中の漫画「天国大魔境」9話のネタバレと考察についてです。

 

天国大魔境は非常に伏線の多い漫画となっています。

これまでのストーリーでどういった伏線があったのか思い返すのに活用してください。

 

また、回収された伏線や明らかになった情報について、僕の考察を交えながら随時追記していきます。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境9話のネタバレ

天国大魔境9話のストーリーの流れを簡単にネタバレしています。

  • カーレースのコースに人食い出現
  • 姉・桐子が弟・春希の救出を試みる
  • 桐子の身体に春希の脳が移植される

 

カーレースのコースに人食い出現

桐子が出場しているカーレースのコース内に人食いが現れたことを春希が気付く。

 

9話のヒルコの特徴

  • 身体を透明にすることが可能
  • 動きは遅く、同じ個体としては小さめ


必死に助けを求めるも誰も気が付かないため、春希が一人で人食いに挑む。

お手製の銃も効かずナイフを突き立てるも、逆にヒルコに吸収されそうになる。

 

姉・桐子が弟・春希の救出を試みる

レース中だった桐子が、ヒルコに吸収されている春希に気付く。

桐子はカートをヒルコの身体に突っ込ませ、力ずくで吸収される春希の身体を引っ張り出す。

 

しかし、春希の腰から下はヒルコに吸収されてしまっていた。

 

桐子の身体に弟の脳が移植される

その後、10日間の昏睡から目が覚めた春希はベッドで横になっていた。

鏡を覗き込むと、目に映ったのは姉・桐子の姿。

桐子の身体であるにも関わらず、意識は春希のまま。

 

治療をしたのは「医者」や「先生」と呼ばれていた男。

しかし、男は治療をしたあとに街を去ったと聞かされる。

 

身体が思うように動くようになった頃には、入院から4か月が経っていた。

かつて「医者」と呼ばれる男を調べていたロビンの元へ向かう。

しかし、ロビンは去年の9月頃に殺されたという事実を知る。

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

天国大魔境9話の伏線とネタバレ考察

天国大魔境の9話の伏線っぽいものや気になる箇所をまとめています。

回収された伏線や謎、明らかになった情報について随時追記していきますので、参考までにどうぞ。

 

あくまでも、僕の主観で考察していますので、実際には違うかもしれないということをご了承ください。

 

キルコの正体がうかがえる描写

キルコの正体は、「桐子の身体に春希の脳が移植された」ということ。

これを匂わせる描写がこれまでに複数描かれています。

  • 自分の身体に見とれる
  • 頭に手術痕がある

→4話参照

 

  • 年齢を聞かれた際に「18歳か20歳」と答える

→3話・6話参照

 

  • マルに対して「僕、男なんだ」と発言

→7話参照

 

>>天国大魔境の全話ネタバレ考察一覧はこちら!

>>天国大魔境を無料で読めるサービスまとめ

 

 

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。