>>【期間限定】好きな漫画が全巻どれでも無料!

【灼熱カバディ】12話のネタバレ感想!奏和高校との練習試合に向けて

灼熱カバディネタバレ

漫画「灼熱カバディ」12話のネタバレ&考察まとめ。

 

あらすじ
スポーツ嫌いの元サッカー部エース・宵越竜也(高1)のもとに、ある日『カバディ部』が勧誘に!

「カバディなんてネタだろ(笑)」と内心バカにしつつ練習を見に行くと、そこではまるで格闘技のような激しい競技が行われていて……!!!

注意
当記事では、灼熱カバディの重大なネタバレが含まれる可能性があります。

 

 

【灼熱カバディ】ネタバレ12話

部長の六弦歩率いる奏和高校カバディ部。

因縁の相手である王城との練習試合に向けて、いつもより気合いを入れて練習に打ち込んでいた。

 

昨年では関東ベスト4という記録を持つカバディ部の強豪校。

今までチームとして対戦したことはないが、王城と六弦は過去に毎日のように勝負していた仲である。

六弦も王城と同様に世界組の選手であり、1対1なら王城の方が8割方勝てるようだが、チームとしては奏和高校の方が上。

それもそのはずで、「東京でカバディをやるなら奏和高校」というほど大会発足前からカバディ部が存在していた古参の高校なのだ。

部員数も非常に多く、身体の出来ている選手も多い。

 

最近は奏和高校は低迷していたようだが、六弦が入部したことでさらに強くなった奏和高校。

さらに、とあるエース選手が入部したことで一気に関東ベスト4へと上り詰めた。

そのエース選手が「高谷煉」。元水泳選手で中学全国大会の優勝者。

余裕で勝ててしまってつまらないという理由から水泳を引退し、現在は奏和高校のカバディ部に在籍している。

 

 

そんななか、井浦はかつて王城とともに海外遠征に向かった際に、六弦から「井浦」ではなく「王城の友達」として見られていたことをずっと不満に思っていた。

『お前らにとって俺は敵じゃ―』

そう思っていた矢先、王城から「後輩指導の勝負」を持ちかけられ、自身を奮起させる井浦。

井浦は畦道を、そして王城は宵越を指導し、それぞれが奏和高校との試合に向けて特訓を開始する。

 

 

高谷煉―。

宵越並みのスピードとリーチを持ち、さらに異常なほどの攻撃持続時間を持つ。

通常キャントし続けられる時間は30秒程度だが、高谷は1分半もの間キャントし続けることができるのだ。

焦ることなく時間を使って攻められる高谷に対抗するためには、1回の攻撃で1点では心もとない。

王城は宵越に大量得点する技を伝授すると告げる…!

 

▼【灼熱カバディ】最新話を含む全話ネタバレはこちら

灼熱カバディネタバレ 【灼熱カバディ】全話ネタバレ感想まとめ!最新話までのラスト結末を完全網羅

>>【灼熱カバディ】全話ネタバレ感想まとめ!最新話までのラスト結末を完全網羅

 

灼熱カバディの最新刊を無料で読む方法

灼熱カバディ全巻無料

多くのサイトでは、最初の数ページしか試し読みできず、まるまる1冊すべてを読むことはできません。

ですが、以下のサイトを利用すれば、灼熱カバディの最新刊を全ページを無料で読むことができるんです!

 

▼「灼熱カバディ」を無料で読めるサイト

おすすめサイト 特徴
コミック.jp【おすすめ】 ・3冊分が無料で読める【期間限定】
※1,350円分の無料ポイント
U-NEXT ・1冊分が無料で読める
・アニメが全話見放題
※600円分の無料ポイント
まんが王国 ・全巻半額
※最大50%ポイント還元

※一般的な漫画価格をもとにしています

 

特にコミック.jp」が一番おすすめです!

灼熱カバディ

【コミック.jp情報】

  • 初回登録で30日間の無料お試し期間あり
  • 初回登録で1,350円分のポイントがもらえ、漫画3冊分が無料で読める
  • 30日以内に解約すれば料金は一切発生しない

>>コミック.jpの解約&退会方法はこちら

 

現在「灼熱カバディ」は全17巻まで発売中。※2021年5月時点

つまり、上記サイトに無料お試し登録するだけで、「灼熱カバディ」を全巻どれでも無料で読めるんです!

 

初回登録日から30日以内に解約すれば、月額料金は一切かかりませんので、安心してくださいね。

 

\【無料】1,350円分のポイントGET!/
>>【全巻0円】灼熱カバディを今すぐ読む!

 

▼「灼熱カバディ」を無料で読めるサイト

おすすめサイト 特徴
コミック.jp【おすすめ】 ・3冊分が無料で読める【期間限定】
※1,350円分の無料ポイント
U-NEXT ・1冊分が無料で読める
・アニメが全話見放題
※600円分の無料ポイント
まんが王国 ・全巻半額
※最大50%ポイント還元

※一般的な漫画価格をもとにしています