米田敏郎の剣道実績と実力!練習稽古と指導方法も調査

2019年5月15日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、剣道日本一高校・九州学院の鬼コーチである米田敏郎さんが出演。

チャン剣道企画で日本一の超強豪高校・九州学院での練習稽古に密着します。

 

そんな米田敏郎さんの剣道実績や実力はどれほどのものなのか。

練習稽古や指導方法についてまとめています。

 

 

米田敏郎のプロフィール

  • 名前:米田敏郎
  • 生年月日:1969年4月27日
  • 出身地:熊本県菊池郡大津町
  • 出身高校:九州学院高校
  • 出身大学:中央大学経済学部

 

米田敏郎さんは、九州学院剣道部の監督として現在活躍されています。

実は米田敏郎さん自身も九州学院の卒業生なんですね。

 

出身地は熊本県と、根っからの九州男児の米田敏郎さん。

その見た目はもちろん、男気ある監督です。

 

米田敏郎の剣道実績と実力

米田敏郎さんは九州学院剣道部の顧問として、全国大会連覇チームを育てています。

そんな米田敏郎さんの剣道実績や実力はどれほどなのか気になるところですよね。

 

米田敏郎さんが剣道を始めたのは小学2年生のとき。

全日本選手権や国体など多くの大会に出場し、輝かしい成績をおさめています。

社会人になってからも、全国教職員大会で優勝するほどの実力者なんですね。

 

大学卒業後には、九州学院で剣道部の指導を開始。

選抜やインターハイ、玉竜旗など全国大会でも数々のタイトルを獲得しています。

 

熊本県は「剣道王国」と呼ばれるほどの激戦区。

しかし、それでも米田敏郎さんの手によって、九州学院は絶対的な王者として君臨しています。

 

 

そんな米田敏郎さんの剣道の段位は教士7段です。

剣理に熟達し、識見優秀なる者にしか与えられないという「教士」。

7段受有後2年を経過し、加盟団体の選考を経て、加盟団体会長より推薦された者

 

剣道の段位は実力だけでなく、指導力や人格も兼ね備えた剣道人としての完成度を示すもの。

なので、いかに剣道の実績や実力があろうと、簡単になれるものではありません。

 

そういった米田敏郎さんの人間力に惹かれるからこそ、剣道部の生徒たちも大きく成長するのかもしれませんね。

 

 

米田敏郎の練習稽古と指導方法

剣道王国・熊本県で絶対的王者にまで登り詰めた九州学院。

同じく剣道部として頑張っている人なら、米田敏郎さんの練習稽古や指導方法を自分たちの剣道部でも取り入れてみようと思われる人も多いと思います。

そんな米田敏郎さんの練習稽古や指導方法について紹介していきますね。

 

基本稽古

  • 前後素振り
  • 切り返し

 

前後素振り

大きく肩を使い振り下ろしの瞬間に力がいかに入るか、体の軸がぶれないように行う。

他に一挙動の素振り、左右の素振り、跳躍素振り、一挙動の跳躍素振りを練習する。

引用:試合を研ぎ澄ます~九州学院中・高等学校の試合を意識した稽古~

 

切り返し

前進後退、その場の切り返し、面押し込みの切り返しを力強い打突で行う。

引用:試合を研ぎ澄ます~九州学院中・高等学校の試合を意識した稽古~

 

応用稽古

攻めに対して技を活かす応用技

  • 面(入れて面)(返して面)「まわして面」
  • 小手(面を見せて小手)(下から)(上から)(払って)
  • 胴(逆胴)(飛び込んで抜き胴)
  • 引き技(ストレート・崩して・変化して)

 

実践稽古

  • 実践的パターン練習
  • 場面を想定した試合練習

 

実践的パターン練習

  • 四隅
  • 七人一組
  • 打ち終わりに技を使うパターン練習
  • 追い込み

 

場面を想定した試合練習

  • 一本のアドバンテージを取られている
  • 手元を上げない選手に対して
  • 手元を上げる選手に対して
  • すり上げや呼び込んでの面が得意な選手に対して

 

上記は、米田敏郎さんが実際に剣道部で行っている練習稽古の一部をまとめたものです。

詳しい練習のポイントや解説は「試合を研ぎ澄ます~九州学院中・高等学校の試合を意識した稽古~」に掲載されています。

九州学院剣道部がなぜ強いのか分かる稽古方法がここにあります。

 

 

しかし、米田敏郎さんの指導稽古の核になるのは「教師と生徒の絆」です。

米田敏郎さんは、チームあるいは生徒一人ひとりをどのように変えることができるかで結果は大きく変わると言います。

 

生徒の中には能力はあってもその能力を上手く活かせない心の弱さを持っている子もいます。

日頃の生活の中から、その子の特性を見極めて、どのように指導していくのがベストなのかを常に考えないといけない、と。

 

そして、その生徒の日常生活を変えれば剣道への取り組みも変わると、米田敏郎さんは語っています。

技術も大事ですが、それ以上に心が大事。

「心・技・体」とよく耳にしますが、まさしく剣道は心を強く鍛えるスポーツなんですね。

 

今後も米田敏郎さん率いる九州学院の活躍に目が離せません。

 

▼九州学院の練習稽古の詳しいポイントと解説はこちら!