>>【期間限定】好きな漫画が全巻どれでも無料!

【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説の全巻セット最安値はこちら!まとめ買いサイト比較

蜘蛛ですがなにかラノベ小説全巻最安値

「蜘蛛ですが、なにか?」の原作ラノベ小説の全巻セットを最安値で購入できる店舗を紹介

「蜘蛛ですが、なにか?」の全巻をまとめ買いする際に一番安く購入できる激安店はどこなのかを、紙書籍&電子書籍それぞれ値段を比較しています。

 

▼ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」全巻セットの最安値はこちら

 

 

▼漫画版の全巻セット最安値情報はこちら

蜘蛛ですがなにか全巻セット最安値 【蜘蛛ですがなにか?】全巻セット最安値はこちら!まとめ買いの値段比較

>>【コミックス版】蜘蛛ですがなにか?全巻セット最安値はこちら!

 

【電子書籍】蜘蛛ですがなにか?の全巻セット最安値は「DMM電子書籍」

とにかく安い値段で「蜘蛛ですが、なにか?」全巻セットをまとめ買いするなら、一番おすすめは「DMM電子書籍」。

DMM電子書籍を利用すれば、他サイトよりも9,000円以上も安い値段で全巻購入できます!

 

【おすすめ最安値サイト】

蜘蛛ですがなにか?

【DMM電子書籍のメリット】

  • 初回購入特典の全作品50%OFFクーポンで全巻半額!
  • 漫画、ラノベ小説、写真集など取り扱いが豊富
  • 会員登録が無料なので解約する必要がない

 

DMM電子書籍は初回全作品50%OFFクーポンがもらえるので、ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」を全巻半額で読むことができます。

クーポンの割引対象になるのは、初回購入時の全作品なので最大100冊まで半額

はっきり言って、DMM電子書籍は間違いなく「電子書籍の全サイトの中で最強」です!

 

書籍を購入する際に課金するシステムなので、月額料金もかかりません

数か月ごとに買えば買うほどお得になる大型セールも開催しているので、書籍をまとめ買いするあなたには間違いなくおすすめですよ!

とりあえず登録するだけでも損のないサービスです。

書店や他サイトよりも9,000円も安い!

 

\全巻半額で読める!/
DMM電子書籍
>>【全巻半額】「蜘蛛ですがなにか?」を今すぐ読む!

 

【紙書籍】蜘蛛ですがなにか?の全巻セット最安値は「漫画全巻ドットコム」

「蜘蛛ですが、なにか?」の全巻セットを紙の本としてまとめ買いするなら「漫画全巻ドットコム」がおすすめ!

蜘蛛ですがなにか?

【漫画全巻ドットコムのメリット】

  • 購入時にもらえるポイントで他の漫画が無料で読める
  • 無料会員登録で値引きクーポンGET
  • 無料で全巻分のクリアカバー付き

 

正直、値段の安さだけで言えば「DMM電子書籍」の方が圧倒的にお得です。

ですが、本を実際に集めたいという人もいることでしょう。

「本棚に綺麗に並べておきたい」「実際に本を手に取って読みたい」という気持ちはすごく分かります。

 

ですが、紙媒体は劣化してページが色あせてしまうことがあります。

せっかく購入した書籍ですから、少しでも良い状態のまま保管しておきたいですよね。

そんな人のために、漫画全巻ドットコムは購入者に全巻分のクリアカバーを無料でプレゼントしてくれます。

 

また、「蜘蛛ですがなにか?」全巻セットを購入すると、約1,700円分のポイントがもらえます。

この付与ポイントを利用すれば、他の漫画の最新刊4冊分を無料で購入できますね。

 

無料登録時に値引きクーポンももらえるので、さらに安い値段で「蜘蛛ですがなにか?」を購入できますよ。

値引きクーポンは期間限定ですので、今のうちに登録してしまいましょう。

 

\全巻クリアカバー付き/
漫画全巻ドットコム
>>漫画全巻ドットコムの無料登録はこちら

 

「蜘蛛ですがなにか?」あらすじ&感想

女子高生だったはずの主人公は、突然ファンタジー世界の蜘蛛の魔物に転生してしまう。

しかも、生まれ落ちたのは凶悪な魔物の跋扈するダンジョン。

人間としての知恵と、尋常でないポジティブさだけを武器に、超格上の敵モンスターたちを蜘蛛の巣や罠で倒して生き残っていく…。

 

種族底辺・メンタル最強女子の迷宮サバイバル開幕!

 

今最も勢いがあり、マジで面白いと思っている作品が、「蜘蛛ですが、なにか?」。

シリーズ累計200万部を突破し、アニメ化も決定している話題作です。

 

実は僕は今までラノベ小説は読んだことがありませんでした。

そして、初めて読んだのが何を隠そう「蜘蛛ですが、何か?」なんです。

そのあまりの面白さに、試しに1巻を買ったその日に最新刊までまとめ買いしてしまうほど。

 

 

漫画のストーリーや雰囲気を一言で表すなら、「転生したらスライムだった件」の蜘蛛版といった感じ。

MMORPGらしいスキルを駆使して、弱肉強食のダンジョンを蜘蛛に転生した主人公が進んでいきます。

 

この作品の魅力は、

  • 「人間の頭脳×蜘蛛のスキル」を駆使して戦う知略戦
  • 至るところに謎や伏線が散りばめられている
  • 魔物サイドと人間サイドの2つの視点で展開していくストーリー

というところ。

 

「人間の頭脳×蜘蛛のスキル」を駆使して戦う知略戦

まず主人公が転生した先が、生まれたばかりの蜘蛛の魔物であること。

転生した魔物の種族名が「スモールレッサータラテクト」。

「タラテクト」という魔物の幼体(スモール)の中でも、より劣った(レッサー)種族なんですね。

 

非常にステータスが低く、ダンジョン内では弱者中の弱者というスタート

他の魔物と真正面から戦えば、まず間違いなく負けてしまうでしょう。

 

 

ですが蜘蛛って、クモの巣を張って、かかった獲物を捕食しますよね?

主人公も自身が弱いことを自覚しており、蜘蛛のスキルを使って「蜘蛛の巣」という罠を仕掛けます。

罠にかかった敵を蜘蛛の糸で拘束し、身動きがとれなくなったところを毒牙で倒す。

この戦法で、弱いながらも序盤の危機を上手く切り抜けていくんですよ。

 

 

ですが、毎回同じ戦法が通じるほど甘いダンジョンではありません。

なかには蜘蛛の巣をぶち破りながら攻撃してくる敵や群れを成して襲ってくる敵などにも遭遇します。

それを、人間の頭脳をもって駆使する蜘蛛特有のスキルや新たに習得したスキルで、見事に切り抜けていくわけですよ。

この知略戦がマジで面白いんです!

 

例えば、主人公が瀕死の状態にもかからわず、数千匹という蜂の魔物に囲まれるシーン。

あと一撃でも攻撃を受けようものなら、間違いなく死ぬという状況ですよ。

主人公も自身の周囲に蜘蛛の巣を張り、お互いに冷戦状態。

 

そんななか主人公は、蜂の魔物が隊列を形成し、複数匹が常に一緒に行動していることに気付きます。

さらに、蜂の魔物のなかには、どこの帯にも所属せず単独で行動する「はぐれ蜂」の存在も。

 

そこで主人公は「はぐれ蜂」をおびき寄せたうえで、蜘蛛の糸で拘束。

毒牙で1匹ずつ確実に仕留めて、力を蓄えるという作戦にでます。

蜘蛛は、もともと蜘蛛の巣を張って獲物がかかるのを待つという籠城戦を得意とする生き物。

あと一撃でも攻撃を受けたら死ぬという極限の状況で、主人公はこの窮地を脱するわけですね。

 

至るところに謎や伏線が散りばめられている

異世界転生モノの作品って、結構設定が曖昧なところが多くないですか?

転生した理由も「こういうものだから」で片付けちゃってるものが多いんですよね。

もちろん、読者が求めているのは「なぜ転生したか」ではなく「転生後どうなるのか」ですから、説明が不要な部分はごっそり省くっていうのも良いと思うんです。

 

ですが、「蜘蛛ですが、なにか?」に関して言えば、そういった細かい設定まで作り込まれているように感じるんですよね。

含みを持たせたような文章の書き方だったり、ちょっと引っかかるような表現だったり。

「これ、絶対黒幕がいるだろ?」って雰囲気を、読んでいてバシバシ感じるんですよ。

そして読み進めていくごとに、いろんな謎や伏線が明らかになっていくんです。

 

  • 主人公はなぜ死んでしまったのか
  • なぜ蜘蛛の魔物に転生したのか
  • 効果が一切分からない謎のスキルの存在
  • 主人公が人間だった頃の隠された過去

とにかく最初は分からないことだらけなんですが、これが徐々に紐解かれていきます

 

 

僕も実際に読んでいて、「え、ちょっと待てよ。確かあいつ、あのとき変なこと言ってたな」って思って、何度ページを巻き戻して確認したことか。

マジで謎や伏線の隠し方が上手い。

だからこそ、各巻を読み終えた後のストーリー考察がめちゃくちゃ楽しいんですよ!

 

こればっかりは、ぜひ実際に手に取って、あなたの目で確かめてください!

きっと僕のこの気持ちを分かってくれるはずです。

 

魔物サイドと人間サイドの2つの視点で展開するストーリー

「蜘蛛ですが、なにか?」は、魔物サイド(蜘蛛に転生した主人公側)と人間サイド(勇者側)という2つの視点でストーリーが進行していきます。

しかも、この2つの視点が同じ時系列で、同時進行なんですよ。

 

「主人公が行動していたとき、実は人間たちはこういう行動をとっていた」っていうのが、分かっちゃうんですね。

さらに、この2つの視点が実はリンクしていて、魔物サイドでの謎が人間サイドで明らかになったり、その逆もしかり。

 

 

例えば、主人公がダンジョン内で謎の巨大な卵を発見したシーン。

主人公は貴重な食べ物ということで大事に保管していたんですが、大勢の兵士に突如襲われた際に卵を置いて逃げるんです。

 

その後の人間サイド視点では、主人公が知る由のないその後の展開が描かれています。

兵士は巨大な卵を城に持ち帰り、その後無事に孵化するんですが、生まれた生き物がめちゃくちゃ予想外だったんですよ。

 

 

実はこの2つの視点でストーリーが進展していくというのはラノベ小説だけ

漫画版では、魔物サイドのみの視点で描かれています。

 

なので、これから「蜘蛛ですが、なにか?」を読み始めるという人は、絶対にラノベ小説をおすすめします

普段小説という活字だらけの本を一切読まない僕が、「蜘蛛ですが、なにか?」のラノベ小説を読んでみたのも、これが理由です。

 

初めてのラノベ小説でしたが、マジでめちゃくちゃ面白い!

今まで活字の本なんて一切読まなかった僕が、他作品のラノベ小説も読んでみようかなって思えるレベルです。

 

 

とにかく一度読み始めたら、まず間違いなくハマります!

もうページをめくる手が止められなくなるんですよ。

ぜひ一度読んでみてください。マジでおすすめです!

 

▼ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」全巻セットの最安値はこちら