>>【期間限定】好きな漫画10冊が無料!

【怪獣8号】10話のネタバレ徹底考察!保科の違和感

怪獣8号ネタバレ

漫画「怪獣8号」10話のネタバレ&考察まとめ

怪獣発生率が世界屈指の日本。

この国は容赦なく怪獣が日常を侵していた。

かつて防衛隊を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。

ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

注意
当記事では、怪獣8号の重大なネタバレが含まれる可能性があります

 

▼【怪獣8号】全話ネタバレまとめはこちら

怪獣8号ネタバレ 【怪獣8号】全話ネタバレまとめ!最新話のラスト結末を完全網羅

>>【怪獣8号】全話ネタバレまとめ!最新話のラスト結末を完全網羅

 

【怪獣8号】10話のネタバレ考察

予期せぬ事件もありつつも、カフカの最後の試験は終わりを迎えた。

合格発表当日―。

カフカとレノ宛に試験結果が届く。

 

 

入隊証書授与式―。

合格者代表主席は四ノ宮キコル。

「君には試験後の事件でも助けられた。おかげで被害者を出さずに済んだ。改めて感謝する」

その言葉にキコルは複雑な心境だった。

倒したのはキコルではない、カフカなのだ。

 

しかし、式にカフカの姿はなかった…。

 

 

受験番号2032番。日比野カフカ、不合格。

体力試験は最低ランク。スーツ適正も現状ゼロ。

試験官たちの多くはカフカの不合格は仕方のないものだと思っていた。

そこに異論を唱えたのが、保科である。

「正隊員に昇格できるかは分からんけど、候補生として僕の小隊で鍛え直します」

こうして、カフカは候補生として隊員となる。

 

しかし、保科の異論は半分建前。

怪獣たちが次々と蘇る中、突如現れたフォルティチュード9.8の反応。

十中八九誤作動ではあるが、同時刻に不自然にバイタルが消失していた者がいたのだ。

その者こそ、日比野カフカであった。

 

保科はスーツ適正の異常な低さといい、カフカには何かしらの違和感を覚えていた。

カフカを候補生として迎え入れたのも、その違和感の正体を探るためだったのだ。

 

【怪獣8号】最新刊を無料で読む方法

怪獣8号全巻無料

多くのサイトでは、最初の数ページしか試し読みできず、まるまる1冊すべてを読むことはできません。

ですが、以下のサイトを利用すれば、怪獣8号を無料で読むことができるんです!

 

▼怪獣8号を無料で読めるサイト

おすすめサイト 特徴
クランクイン!コミック【おすすめ】 6冊分が無料で読める
コミック.jp 3冊分が無料で読める【期間限定】
U-NEXT 1冊分が無料で読める

 

一番のおすすめは「クランクイン!コミック」。

初回登録時に14日間の無料お試し期間があります。

その際に、3,000円分のポイントがもらえるので、そのポイントを利用すれば怪獣8号を無料で読むことができます。

もちろん登録日から14日以内に解約すれば月額料金は一切かかりません

>>【無料】怪獣8号を今すぐ読む!

 

▼【怪獣8号】全話ネタバレまとめはこちら

怪獣8号ネタバレ 【怪獣8号】全話ネタバレまとめ!最新話のラスト結末を完全網羅

>>【怪獣8号】全話ネタバレまとめ!最新話のラスト結末を完全網羅