>>【期間限定】好きな漫画が全巻どれでも無料!

【蜘蛛ですがなにか】2巻のネタバレ考察!原作ラノベ小説のストーリーを網羅

蜘蛛ですがなにか2巻

原作ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」2巻のネタバレ考察を完全網羅!

ストーリーに大きく関わるネタバレ&解説をしています。

注意
当記事は重要なネタバレを含みます。

あらかじめご了承ください。

 

▼【全巻半額】ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」を激安購入!

蜘蛛ですがなにかラノベ小説全巻最安値 【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説の全巻セット最安値はこちら!まとめ買いサイト比較

>>【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説全巻セットの最安値はこちら!まとめ買いサイト比較

 

【蜘蛛ですがなにか?】2巻のネタバレ考察まとめ

原作ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」2巻のネタバレ考察です。

各話に張り巡らされた伏線なども解説しています。

「蜘蛛ですが、なにか?」は、魔物視点と人間視点の両面でストーリーが進行していきます。

  • 〇話:魔物視点(主人公:「私」)
  • S〇話:人間視点(主人公:「シュレイン・ザガン・アナレイト(前世名:山田俊輔)」)

 

▼【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説版と漫画版の違い比較

蜘蛛ですがなにか違い 【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説と漫画の違い!おすすめはどっち?

>>【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説と漫画の違い!おすすめはどっち?

 

【蜘蛛ですがなにか?】魔物視点のネタバレ考察!

中層への道を発見する

・周囲はマグマに覆われており居るだけでダメージを受ける地帯

・蜘蛛糸は火に弱いという弱点がある

→中層攻略には「熱さでダメージを受けないようにする」「遠距離攻撃を身に付ける」の2つが課題となる

 

スモールポイズンタラテクトに進化

 

スキルポイント100を消費して、七大罪スキルの一つ《傲慢》を取得

・取得する経験値と熟練度が大幅に上昇し各能力成長値が上昇する

→スキル《禁忌Lv2》が《禁忌Lv4》に上がる

 

スキル《火耐性》《HP自動回復》の熟練度を上げるため、中層でHPを減らすという作業を繰り返す

・地形ダメージを相殺できるようになる

 

中層でレベル上げ&スキル上げ

  • 地龍カグナとの戦闘
  • エルローゲネセブンとの戦闘
  • 火竜・エルローゲネレイブとの戦闘

・「ゾア・エレ」に進化

→スキル《禁忌Lv4》が《禁忌Lv5》に上がる

・スキルポイント500を消費して七大罪スキル《忍耐》を取得

→MPの続く限り、どんなダメージを受けてもHP1で生き残る

 

スキル《並列意思》を取得

・意思が完全に分かれる疑似二重人格のようなスキル

・「情報担当」と「体担当」の2つの意思に分かれる

 

スキル《鑑定Lv10》に上がり、管理者なる者の存在を確認する

・カンストしてもスキルが進化しないことに残念がる「私」

・『要請を上位管理者Dが受託しました』

→スキル《叡智》を獲得する

→魔法が使用可能になる

 

スキル《並列意思Lv1》が《並列意思Lv2》に上がる

・「情報担当」「体担当」に加え、「魔法担当」が追加される

 

管理者について詳しく知るためには、エルロー大迷宮から出て外の世界で人間と対話する必要がある

・「スキル《念話》を取得する」もしくは「アラクネに進化する」ことを目指す

→アラクネ:蜘蛛の下半身に、人間の上半身を持つ魔物

 

火竜・エルローゲネソーカとの戦闘

・スキル《魔王》を取得

→スキルレベル×100の数値分各ステータス値を上昇させる。耐性全種も上昇する。

>>【蜘蛛ですがなにか?】全巻ネタバレ一覧

 

【蜘蛛ですがなにか?】人間視点のネタバレ考察!

学園の入学式に出席する

・ユーゴ―・バン・レングザンド(前世:夏目健吾)、ユーリ(前世:長谷部結花)と出会う

 

フィリメスからクラスメート4名の死亡が告げられる

・「林康太」「若葉姫色」「小暮直史」「桜崎一成

→前世で漆原美麗(フェイ)がいじめていた人物が「若葉姫色」【1巻S5話参照】

 

保護できていない残り2名のクラスメートは、居場所は判明しているが現状手が出せない状況

・その2名がどんな状況で誰なのかは答えてくれない

・すでに保護しているクラスメートの名前も黙秘

 

フィリメスから「あまりスキルを鍛えてはいけない」と忠告される

・その理由も答えてはくれない

 

勇者・ユリウス視点

パーティーと共にエルロー大迷宮で「悪夢の残滓」を討伐

・「悪夢の残滓」は、「迷宮の悪夢」が残したを言われる魔物

・十数年前に突如現れた理不尽なまでの強さを持つ蜘蛛の魔物

 

シュンが学園の魔法授業でユーゴーから目の敵にされる事件が発生

・ユーゴーの八つ当たり

 

ユーリの人となりの描写

転生して捨て子だったユーリは、その不安から宗教の「神言教」にすがった

・「神言を聞くためにスキルやレベルを伸ばしていきましょう」というもの

・「レベルアップ時に聞こえるシステムメッセージ=神言」という考え方

 

ユーリ『禁忌という名前のスキルを持っている人がいたら教えて』

・神が禁忌と定めるスキルを持つこと自体が許されない。殺すべき。

 

学園での課外活動でユーゴーとの戦闘

・ユーゴー『この世界は俺が君臨するための世界、お前のような奴は要らない。だから死ね!』

・フィリメスによって、ユーゴーはスキルを剥奪される

→『支配者権限を発動。支配者の要請により、支配者専用スキルを発動』

 

地竜との戦闘

・ユーゴーの部下が計画のために準備していた魔物が暴れ出す

・フェイが地竜の首を食いちぎり事件は収束

→フェイが称号《血縁喰ライ》&スキル《禁忌》を取得する

・その後ユーゴーは学園から姿を消した

 

シュンが称号《勇者》を獲得

・世界に《勇者》の称号を持つ人間は1人のみ。ユリウスの死を意味する。

 

補足
【勇者・ユリウスの首巻きについて】

・10年以上前に冒険者がタラテクトの蜘蛛を焼き払った際に、蜘蛛の糸と竜の卵を入手

・その際に手に入れた蜘蛛の糸で作られた首巻き

→蜘蛛の巣を焼き払われて竜の卵を奪われた「私」【1巻4話参照】

>>【蜘蛛ですがなにか?】全巻ネタバレ一覧

 

▼【全巻半額】ラノベ小説「蜘蛛ですが、なにか?」を激安購入!

蜘蛛ですがなにかラノベ小説全巻最安値 【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説の全巻セット最安値はこちら!まとめ買いサイト比較

>>【蜘蛛ですがなにか?】ラノベ小説全巻セットの最安値はこちら!まとめ買いサイト比較